[PR]
  主婦の私がFXで「アっ!」という間に500万円ちょいを稼ぎ出したシステムトレード法・・・
  【主婦だから勝てる!デイトレ術】



 レバレッジ

レバレッジとは?

レバレッジとは日本語では『てこの原理』のことです。
小学校のとき理科の実験でやったと思います。
力・力点・作用点って覚えていませんか?

てこを応用して、小さな力で重たいものを動かす。
FXで言うレバレッジは、小額のお金で高額の取引を行うことを
「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」
などと言います。

1ドル100円の時、1万ドル買うのに100万必要ですね。
しかしレバレッジ10倍でかける(取引する)と・・・

10万円の資金(証拠金)で、10倍の1万ドル(100万円分)を
取引することが出来るのです。

たとえば、証拠金10万円で為替レート1ドル100円のとき、
レバレッジ10倍で1万ドル(100万円分)買えます。

それが、レート1ドル110円になると・・・
1万ドル=110万円になり、そのときに売ると
10万円の利益!(手数料含まず)
それに、FXの特徴のスワップ金利も受取れます。


しかし、レバレッジを高くすればするほど、
その分大きな額を動かすことが出来ますが、
これは「稼げる」と同時に「損をする」可能性が同じだけ存在します。
いわゆる、ハイリスク・ハイリターンというやつです。

ですので、手堅く取引をしたいならレバレッジを2倍程度にすればよく、
ノンビリと取引をしたいなら5〜10倍程度、
アクティブに取引するなら20〜50倍程度、
ガンガン取引するなら100〜200倍程度で取引するといいのでないでしょうか?

つまりリスク管理をしながら、自分にあったレバレッジをかけていくのが
大切だといえるでしょう。

基本のFX用語

 そもそもFXとは?
   FXって一体何?って方のための超簡単説明
 外貨預金とは?
   外貨預金のちょとした落とし穴
● レバレッジ
   レバレッジはてこの原理 少ないお金で大きなお金を動かすことができるのがレバレッジ

 スワップ金利
   スワップ金利はスワップポイント スワップは交換の意味
 マージンコール
   マージンコールはFXの特徴、証拠金が少なくなったことを教えてくれるシステム
 ロスカット
   ロスカットもFXの特徴、証拠金がなくなってしまわないようにするシステム
 円高?円安?
   なんだかよくわからない「円高」と「円安」簡単に説明すると・・・ 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。