[PR]
  主婦の私がFXで「アっ!」という間に500万円ちょいを稼ぎ出したシステムトレード法・・・
  【主婦だから勝てる!デイトレ術】



 マージンコール

FXマージンコール
外国為替証拠金取引(FX)では、証拠金を預けて運用しています。

例えば、
為替レート1ドル100円、保証金10万円としましょう。

レバレッジ10倍でアメリカドル1万ドル買いました。
そうしたら、どんどん円高が進み1ドル94円に・・・・
100円⇒94円 1ドル当たり6円の損

1万ドル買っていたので 6円×1万ドルで60万円の損

証拠金10万円−6万円の損なので、証拠金4万円
証拠金が少なくなってしまいました。

というような予想以上の損失を避けるためのシステムが、マージンコールです。

「マージンコール」とは、追加証拠金、追加保証金、追証(おいしょう)とも言い、
「証拠金を追加して入金してください」という意味で出される警告です。

取引をそのまま続けたい場合は、証拠金を追加して預け入れないといけません。
証拠金を預けない場合は、強制決済(反対売買:買っていたドルを売る等)され、
取引は中止されてしまいます。


簡単に言うと、
証拠金金額が業者の決めた割合まで損失により減ってしまった場合
「証拠金が少なくなってきたから、お金を追加して〜」と警告されることです。
この、業者が決めた割合というのが、「マージンコール維持率」もしくは
「維持率」といいFX取り扱い業者により「マージンコール維持率」は違ってきます。

マージンコールが発生した場合には、
翌銀行営業日までに維持率を回復するだけの金額を入金します。
もし、証拠金が追加されずマージンコール維持率を回復できないなかった場合には、
自動的に保持しているポジションを縮小または、決済されてしまいます。

基本のFX用語

 そもそもFXとは?
   FXって一体何?って方のための超簡単説明
 外貨預金とは?
   外貨預金のちょとした落とし穴
 レバレッジ
   レバレッジはてこの原理 少ないお金で大きなお金を動かすことができるのがレバレッジ
 スワップ金利
   スワップ金利はスワップポイント スワップは交換の意味
● マージンコール
   マージンコールはFXの特徴、証拠金が少なくなったことを教えてくれるシステム

 ロスカット
   ロスカットもFXの特徴、証拠金がなくなってしまわないようにするシステム
 円高?円安?
   なんだかよくわからない「円高」と「円安」簡単に説明すると・・・ 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。