[PR]
  主婦の私がFXで「アっ!」という間に500万円ちょいを稼ぎ出したシステムトレード法・・・
  【主婦だから勝てる!デイトレ術】



 円高?円安?

外国為替を始めるにのあたって、なんとなく理解しにくいのが「円高」とか「円安」という概念かもしれませんね。

ニュースの中で「今日の外国為替市場は,前日より50銭円高ドル安の1ドル110円50銭です。」
とかよく言っています。
ということは
今日は・・・1ドル=110円50銭
昨日は・・・1ドル=111円
なのですが、なんで111円が110円50銭下がったのに円高になるの?
下がったのに、高い。この言葉の矛盾(?)が理解しにくいとことじゃないかと思います。

では、買い物をしてみましょう。(現在の為替レート1ドル100円として)
オレンジが1個あったとします。
日本円で買うと100円。ドルで買うと1ドル。100円=1ドルですね。
それが極端な話、為替レート1ドル10円になったとすると、今まで100円出さないと買えなかったオレンジが10円で買えるようになります。
10円玉が100円の価値に上がったことになりますよね。

レートが100円から10円に下がったと言うのは、円の価値が上がったことなのです。

逆に、ドルの場合には1ドル100円の価値があったのが、1ドル10円の価値に下がってしまった。

これが円高ドル安ということなのです。

なので為替レートが下がると「円高」レートが上がると「円安」になる訳です。

基本のFX用語

 そもそもFXとは?
   FXって一体何?って方のための超簡単説明
 外貨預金とは?
   外貨預金のちょとした落とし穴
 レバレッジ
   レバレッジはてこの原理 少ないお金で大きなお金を動かすことができるのがレバレッジ
 スワップ金利
   スワップ金利はスワップポイント スワップは交換の意味
 マージンコール
   マージンコールはFXの特徴、証拠金が少なくなったことを教えてくれるシステム
 ロスカット
   ロスカットもFXの特徴、証拠金がなくなってしまわないようにするシステム
● 円高?円安
   なんだかよくわからない「円高」と「円安」簡単に説明すると・・・?
 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。